星場 義広:R+house施工管理責任者

hoshiba.png施工の進捗と工程を管理して、R+houseで求められる建物の技術的水準と品質を確保することが私の使命です

R+houseでは、施主のみなさまに対して「高気密高断熱」を数値でお約束しています。
また、建築家やインテリアコーディネーターからは、内装、住宅設備、照明プランなど様々な指定がなされます。
建物の施工のあらゆる場面において抜かりなくこれを管理し、建物のみならず内装などの仕上がりもユーザー目線で厳しくチェックしていくこと。
こうしたR+houseで求められる施工管理責任者としての任務を遂行するために、私自身も、R+house施工・ディテール研修を定期的に受講し研鑽に努めることで、施主のみなさまのご要望にお応えしています。

神農 昌秀:ホームアドバイザー

kaminou.png建物のカタチに住む人が合わせるのではなく、住む人の生活に建物のカタチがあうようにする、それが私の使命です

住宅の取得はスタートであってゴールではありません。
実際に建物が完成して、そこで新しい暮らしがスタートするからです。
この新しい暮らしは、そこに住む人(家族)によって、全て違いがあります。
だからこそ、建物に求められるのは、そこに住まう人たちにとって
「本当に暮らしやすい家」
である必要があります。
R+houseには、この「本当に暮らしやすい」のエッセンスが、
1)暮らし方にあわせた家のカタチ=外部の建築家がプランニング
2)健康で快適かつ燃費性能の良い家=数値に裏付けされた高気密高断熱
で実現されます。
そして、建物だけではなく立地も重要です。

土地探しからアールプラスハウスでの建築、これに対する資金計画
こうした家づくりに関するあらゆる需要に私がお応えします。

中嶋 隆行:建築士

nakajima.png施主さまと建築家の共同作業で創られたプランを具現化すること、それが私の使命です

R+houseでは、建物のプランは、当社とは全く関係のない外部の建築家が描いてきます。
私の仕事は、この建築家から託された施主さまにとって唯一無二のプランを実際の建物として建てていく、その為の施工図面を作ることから始まります。
そして、この施工図面が第三者機関のチェックを経て建築がスタートしていくと、私自身も現場に赴いて図面通りの施工がなされているか、確認をしていきます。
また、建物の照明計画や内装、外装、キッチン・バスといった住宅設備、建築家が指定した建物に付設されるカウンターデスクや棚などの色決め、仕様決めの場を施主さまとの間で複数回設定し、打ち合わせも行います。
施主さまと建築家の共同作業で創られたプラン・イメージを、実際のカタチにしていく、それが私の仕事です。


Menu
個別相談会