江戸川区で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

R+house
建築家と叶える 理想の注文住宅

オシャレリビング
住む人にとって本当に住みやすい唯一無二の理想の住宅を手の届く価格で提供する、これがR+houseの家づくりです。
お客様の想いを建築家によってカタチにする自由設計の注文住宅でありながら、様々な工夫でコストを抑えて、かつ、高性能住宅を提供する、このブランドコンセプトを支える3つのポイントを紹介します。

1 建築家とつくるデザイナーズ住宅

R+house江戸川の家づくり写真

ライフスタイルや価値観を実現する建築家住宅

建築家であるからこそ提供できる価値は、次の3つです。

見た目のデザイン

例えば金属サイディングを使ってシンプルかつスタイリッシュな外観としながら、ルーバーや窓枠など美しく細かなディテールを演出することでファサード(建物の顔)を仕上げていく…
家を建てたい人の感性を満足させることはもちろんのこと、その家の前を通りかかった人もつい振り返りたくなる…そんなデザインを実現します。

生活のデザイン

家を建てたい人の毎日の生活パターンから住まいに対する要望を細かにヒアリング。
家事の負担をプランニングひとつで減らすことも可能です。
見た目だけでなく住む人の生活に合わせた理想の住空間を現実のカタチにしていきます。

性能のデザイン

高気密高断熱という性能の良さを最大限に活かすためには、立地条件、日照通風条件などを考慮した緻密な設計が必要です。
建築家の高いスキル、豊富な経験があってこそ実現可能にになります。
>>建築家との家づくりとは?おしゃれなだけじゃなく暮らしをデザインする建築家住宅についてはこちら

2 高性能を追求した快適で高耐久な住宅

デザインが自分好みでも、家の中が例えば夏は暑くて冬は寒かったら、健康で快適な住生活を送ることはできません。昨今のグローバルな事情からエネルギーコストも上昇傾向の現代…
いかにエネルギーコストを抑えつつ室内が一定の温度に保たれた【魔法瓶】のような家を実現し、快適かつ健康に末永く暮らしていきたい、そんな想いを叶えます。

R+houseが提供する【快適な住まい】

R+house江戸川の家づくり写真

【快適な住まい】とは建物の中の全体が適温に保たれていること。
暑い夏でも室温が上がりすぎず、逆に寒い冬でも足元が冷たくならない、建物の場所によって温度がバラバラということがないように、断熱性能を高め、夏の日射を避ける工夫を凝らし、家の気密性能を高める…そこに、熱交換システムを備えた計画換気を行うことで、【快適な住まい】は実現できます。
快適で高耐久な住まいを実現するためには、
① 高断熱 ② 高気密 ③ 計画換気
この3点セットが必要不可欠。どれを欠くこともできません。

ZEHレベルを超える断熱性能

R+house江戸川の家づくり写真

R+house江戸川が提供する住宅の断熱性能は、地域区分6地域(東京都、千葉県等)でZEH基準とされる0.6を優に上回る数値を実現しています(平均0.45程度)。
高断熱性能を発揮するために、窓(サッシ)と断熱材が重要です。

① 窓サッシ

R+house江戸川の家づくり写真

室温が外気の影響を受けやすい最大の部位は、【窓サッシ】になります。
R+house江戸川では、建築基準法の定める防火地域・準防火地域での施工となるため、国土交通大臣が認定する防火窓を採用する必要がある中で、YKK AP株式会社が提供するサッシの中でも上位モデルの「APW330」(防火窓)を採用しています。

② 断熱材+構造パネル

R+house江戸川の家づくり写真

R+house江戸川では、断熱材と構造用合板が一体型となった通称「R+パネル」を採用しています。
断熱材のネオマフォームは、フェノールフォームという素材を使用した断熱材の中でも熱伝導率の低い上位品種となります。
この断熱材と構造用合板が一体・密着となっていることで、高い断熱性能と構造耐力を支持します。

C値<1.0未満のお約束

R+house江戸川の家づくり写真
R+house江戸川の家づくり写真
R+house江戸川では高気密住宅を提供するために、そして、より施工の精度を上げるために、
【全棟気密測定】
を実施しています。
また、C値を1.0未満とする施工を【建設請負契約の約束事】としています。
高気密にこだわるのは、気密性能を高くしないとせっかくの断熱性能もその真価を発揮しないからです。

全棟構造計算を実施

R+house江戸川の家づくり写真

R+house江戸川では、2F建て木造住宅であっても全棟構造計算を実施しています。
構造計算とは、建物が地震や雪、風、自重といった荷重に対してどのような影響を受けるか、そして、その荷重による応力に対して建物が耐えられるのかを判定すること。いわば、その建物のストレスチェックと安全性を担保するための重要な目的があります。
>>高気密高断熱の注文住宅、快適な住生活を送るためには?

3 コストパフォーマンスに優れた住宅

R+house江戸川の家づくり写真

建築家と作る高性能住宅だから高くて当たり前でしょうか…
R+houseは、全国津々浦々の不動産会社や建設会社、工務店が参画する加盟店方式の住宅ブランドです。
その為、R+houseでは、住宅資材などをR+house本部が各メーカーと直接交渉して仕入れることで、或いは建築に関するルールを設定することで、建築家と作る高性能住宅であっても手の届く価格で提供できる工夫があります。

中間業者を省いたメーカ直発注システムの採用

住宅業界における日本の流通市場は、メーカーと住宅会社との間に所謂問屋形式の中間業者や販売代理店が介在することがあり、これが価格の上振れ要因となります。また、常に大量の部材や資材を安定的に購入してくれる全国ブランドの住宅会社と年に数回しか取引をしない地域の住宅会社、工務店だと同じ部材や資材を購入するとしても、卸値(メーカーからの販売価格)が異なってしまいます。
この点、全国の加盟店方式を採用するR+houseでは、R+house本部が全国の加盟店を束ねた言わば一大住宅会社となることで、全国ブランドの住宅会社と同じようにメーカーに対して価格交渉力を持つことが可能になりました。
こうして各加盟店は、これまで建物を建てるのに部材や資材を購入していた中間業者ではなく、R+house本部を経由してメーカーに直接発注することで、良いものをより安価に仕入れるコストダウンが可能になりました。
R+house江戸川の家づくり写真
R+house江戸川の家づくり写真

設計段階から無駄を省く

R+houseでは基本的に天井高が2400㎜(2.4メートル)に設定されています。
これは天井を高くすることで開放的に見せる効果もありますが、もうひとつはコストダウンの為。
日本の建材はモジュールという共通の寸法があり、例えば構造用合板の縦長は2.4メートルとされています。
この時に天井高を2.4メートルで設定しておけば構造用合板は加工ことなくそのまま使えますが、例えば天井高を2.2メートルにすると20㎝分カットしなければならず、これは現場での加工、材料の無駄を生じることになります。
R+houseの建築ルールは、こうした現場での加工が塵も積もれば山となる、ひいては工期の伸長につながり結果的にお客様の負担(コスト)が増えるという観点から、建築家がプランニングの時点で現場での【無駄】【時間】が極力生じないように設計を行っています。
R+house江戸川の家づくり写真
R+house江戸川の家づくり写真

#建築家
#注文住宅
#新築
#R+house
#高気密
#高耐震
#高断熱
#高耐久

商品
私たちの商品をご紹介します。

R+house江戸川の家づくり写真

狭小地(50〜60㎡)に建てる注文住宅

江戸川区を始めとした東京都23区内で流通している土地は、20坪を下回る面積の土地が大半です。
土地が大きければ建物の自由度も増す感覚はありますが、実はプラン設計のプロであるアトリエ建築家の力を使うR+houseだからこそ、狭小地でも理想の建物は実現可能です。
ここでは、狭小地に建てるR+houseをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

白い壁のダイニング
個別相談会
2024年5月24日~7月31日
【江戸川区で開催!】注文住宅の個別相談会
おうちづくりのギモンを解決!注文住宅の個別相談会開催中
参加費無料

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

耐震 構造計算

高耐震な家づくり

住宅の性能は、高気密高断熱ばかりではありません。
自然災害の多発する現在の日本においては、住む人の身体・生命を守ってくれる「住まい」であることが求められます。
ここでは、「住まい」に対する安全性能について説明します。
R+house建築家

建築家との家づくり

快適な暮らしの条件

高気密高断熱

住宅は取得するためのイニシャルコスト(建築費)に注目されがちですが、実際に生活を始めてからのランニングコスト(特にエネルギーコスト)も重要です。クルマにも燃費があるように、実は住宅にも燃費性能があります。そして、この住宅の性能は、そこに住む人の健康にも直結します。断熱性、気密性、計画換気、空調によって制御された室内の熱が外気の影響を受けることなく、一定の室温が保たれる、いわば「魔法瓶」のような家がR+houseの高性能住宅です。
R+house江戸川の家づくり写真

土地選び

土地探し × 高性能住宅の建築 = R+house江戸川
➡ 土地探しから高性能住宅の建築まで一社で完結
リビング

デザイン住宅

朝起きたら何をしますか?
帰宅して一番最初にやることは何ですか?
ご家族それぞれの趣味は何ですか?
今の家で困っていて、新しい家で解決したい課題は何ですか?
・・・etc

R+house江戸川で家を建てる時に、建築家がお客様にヒアリングする内容の一例です。
様々な角度から実際の生活パターン、趣味趣向、ライフスタイルをヒアリングすることで、そのお客様にとって【快適な住空間】はどんなものだろうと思考を巡らせ熟考に熟考を重ねて、建物のプランが出来上がります。
建築家の先生は、見た目だけでなく【生活】のデザインも重視して、ご家族の理想のライフスタイルを実現する住空間を実際の家というカタチにするのが仕事。ご家族ごとに生活があるのだから、その生活にあわせた唯一無二の家を建築家と共に創る…これがR+houseの醍醐味です。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅事例をご紹介します

オンリーワンの住宅を建てるまでの流れ
私たちのオンリーワンの住宅を建てるまでの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house江戸川の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.26

2025年4月住宅省エネ基準義務化について

R+house江戸川の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.01.26

江戸川区のハザード(水害)を解説!注文住宅を建てる時の土地選びのポイント

R+house江戸川の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

株式会社三信不動産販売
住所
東京都江戸川区南小岩5丁目21番4号
営業時間
10:00~19:00
休業日
火曜日、水曜日・年末年始